Googleペナルティの種類とその原因・対処法について

Googleが掲げるウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)に反したサイト構築を行った場合、公式からペナルティを課せられます。
ペナルティを課せられたページはインデックス削除や順位下落といった悪影響が及び、それに伴いアクセス数や問い合わせ数なども激減します。

Googleペナルティは、人間の目で確認された手動ペナルティと検索ロボットによる判断で行われる自動ペナルティの2種類です。
手動の場合は公式プラグインであるGoogle Search Consoleにメッセージで通達されるため、すぐに分かります。
メッセージに記載された違反内容を確認し、改善点をクリアして申請すれば順位が復活するという仕組みです。

ただし自動ペナルティにおいてはGoogle Search Consoleへの通達が一切なく、自身で気付くしか方法はありません。
急激にアクセス数が落ち、長期間にわたって順位が回復しない場合は自動ペナルティを受けたと見て良いでしょう。
被害を最小限に防ぐには、日頃からコンソールやアナリティクスを確認しておき一刻も早く対処することが肝要です。

原因は、記事本文に問題がある場合と被リンクの質に難があるケースの2種類が挙げられます。
記事本文が原因の場合は、多くが盗用・コピーコンテンツである疑いです。
また信憑性の薄い情報を大量に掲載している場合も、著しく信頼性を欠くとしてインデックス削除の憂き目に遭う確率が高くなります。
自動ペナルティを受けた場合は、記事・コンテンツのクオリティの見直しや似たサイトがないかなどを精査するようにしましょう。

品質ガイドラインでは、サイトが受ける被リンクの質も重要視しています。
被リンクの量をただ増やせば良いのではなく、良質なサイトからの紹介や引用が大切ということを覚えておいてください。

手動・自動ともに品質の低い被リンクに対しての対処は、プラグインを用いた否認による「間引き」が有効です。
プラグインを使用し、自サイトに貼り巡らされた質の低い外部被リンクを否認することで、リンクの数は減るものの全体の質は向上します。

また自動の場合は手動と異なり、Googleに再審査を申告することができません。
改善点を修正した後も、元の検索順位に戻るまである程度の期間を要します。
品質ガイドラインを熟読し、Googleの理念に反しないサイト作りを心がけることが大切です。