4つのリンクの特徴とE-A-Tとの関連性について

別のページとリンクしているイメージリンクにはそのページへと飛ばす発リンクと受ける被リンク、さらにサイトの移動先が異なる外部リンクと内部リンクの4種類が存在します。
テキストの色が異なっていたりアンダーバーが設置されていたり、直接URLが表示されていたりと発リンクの形状はさまざまですが、「他のページへ移動する」というアクションが特徴です。
SEO対策においての価値は、リンク先の評価を高める効果があります。

被リンクは、任意のページ対して他のURLから貼られたリンクのことであり、バックリンクとも呼ばれます。
SEOにおいても発リンクと同様に、リンクを受けたページは検索エンジンからの評価が高まるという仕組みです。
内部リンクは同じドメイン、つまり同じサイト内で貼り巡らされたリンクを指します。
それに対して外部リンクは他のドメインから受けたり、逆に遷移するためのリンクのことです。

たとえば個別記事のページからトップページへと戻るリンクは、内部発リンクとなります。
トップページは、いくつかの記事から発リンクを受けているため内部被リンクです。
サイト内の同じドメインから被リンクを集めているページは、サイト内において重要な位置を占めていることをGoogleに伝える効果があります。
内部構造を強化してユーザビリティおよびクローラーの巡回効率を高めるため、有用なSEO対策の1つです。
ただサイト全体のリンクパワーの総計(リンクジュース)が少数ページに集中するだけであって構造の最適化がなされても、サイトのリンクパワーの上限は増えません。

サイトのリンクパワーそのものが向上するのは、他ドメインから貼られた外部被リンクです。
外部サイトからリンクを貼られることは、Googleが評価基準として掲げているEATを満たすことになります。
EATとは専門性(Expertise)と権威性(Authoritaiveness)、信頼性(Trustworthness)を伴うページがユーザーにとって有益であるという考え方です。

外部被リンクを受けた状態がEATを満たしているという根拠は、リンクを貼られる状況が挙げられます。
たとえば記事中に内容を補足したい場合は、より専門性の高いサイトへのリンクを貼るでしょう。
また引用した場合も同様に、出典を掲示する際にも該当サイトへのリンクを貼ります。
この時、該当サイトの専門性が高く情報の正確性といった信頼性が欠かせません。

同様に、引用の説得力を増すためには正確な情報を長期間にわたって発信してきたという「権威性」も必要です。
Googleアルゴリズムが、良質なサイトから外部被リンクを受けているページの評価を上げるのは「EATを満たしユーザーにとって有益である」と判断した証と言えます。