最も堅実なSEO対策は、自然な被リンク

ドメインパワーの高い中古ドメインは即効性が高く、有用なSEO対策とされています。
しかし運用歴が長く高価な中古ドメインを購入しても、コンテンツ作成のノウハウがなければやがて検索順位は落ちていくため長期的な視点から見れば初心者には向いていません。
また過去にペナルティを受けたドメインを引き当ててしまうリスクもあるため、新規ドメインから運用した方が確実かつ安全です。

堅実なSEO対策を講じるのであれば、良質な被リンクを増やす外部対策が最善手となります。
検索エンジンを運営するGoogleはユーザーの健康や経済的な安定、そしてユーザーに対して有益な情報を提供するサイトを推奨しており、これに従ったサイト構築を行うのがベストです。
2012年に実施されたペンギンアップデートによって低品質な被リンクを受けているサイトが駆逐され、以降も定期的にアップデートが施されて検索精度が改善されつつあります。
品質ガイドラインに沿った、ユーザビリティに乗っ取ったサイト構築を行い良質な被リンクを獲得しましょう。

もちろん外部対策の1つであるSNSアカウントの運営も、SEO対策の中でも効果的な策と言えます。
SNSサービスの中で話題になった投稿が、大手メディアサイトやTVなど外部メディアに取り上げられる時代です。
流動性があり時事性が高いソーシャルメディア内での評価と、Webサイトやブログなどから獲得された被リンクとは性質が異なるものの、Googleから得られる評価が大きいことは間違いありません。
いずれもユーザーを楽しませること、有益な情報を与えることなどその性質は同じだからです。

WebサイトからもSNS内のユーザーからも高い評価を獲得するには、結局のところサイトのコンテンツ力が左右します。
唯一無二性があり専門性が高い情報を、定期的に更新し続けることによって信頼を積み上げていくことが何よりも大切です。
継続的に濃度の高い、ユーザーにとって有益な情報をリリースし続けることによって権威性が増し、Googleの理念であるEATを満たすこととなります。

検索エンジンが評価すると言っても、記事の良し悪しや人間的な感情の動き・面白さまでは評価できません。
最終的には人間がサイトを評価して、引用や紹介をしたいと思うことで初めて被リンクを増やすことができます。
人の役に立つ、ユーザーの目線に立ったサイト作り・コンテンツ作りを目指しましょう。