より効力の高いSEO対策、中古ドメインについて

ドメイン名のINFO数あるSEO対策のうち、検索順位の向上に加えて即効性のある方法として中古ドメインが挙げられます。
新規ドメインでサイト運営をスタートした場合、クローラが巡回してインデックスに登録されて正当な評価を受けるまでに最低でも3ヶ月から半年もの期間が必要です。
しかし質の高い被リンクを集めた実績を持つ中古ドメインを活用すれば、すぐにでも検索順位が上昇して上位表示が可能となります。

これは、中古ドメインが新規のものよりもドメインパワーの影響力が強いからです。
Googleのアルゴリズムは、人工知能であるためサイトの良し悪しを人間のように判断することはできません。
ユーザーのアクセス数が多いという数量データ、そして多くのサイトから被リンクを受けているという実績で優良なサイトかどうかを判断しています。
特に後者の場合、質の高い被リンクをたくさん受けたドメインであるほど評価が高いです。
なおかつ、長期間運営することでドメインパワーはさらに高まるという性質を持ちます。

中古ドメインがSEO対策で有利とされているのは、既に強力な被リンクを保持しているドメインの場合外部対策を講じる必要がないからです。
Webサイトを立ち上げてとにかく短期目標達成を目指しているのであれば、新規ドメインを一から育てるよりも中古ドメインでリスタートする方がはるかに効果的です。
中期~長期間かけてじっくり構築するしか方法がない外部対策をクリアでき、内部対策を補強するだけで検索順位をジャンプアップできる影響力は計り知れません。

効果的に中古ドメインの影響力を活用するには、ドメインの選定がポイントとなります。
質の良い被リンクを受けていたドメインを探すこと、さらに過去にペナルティを受けたことがないかを確認することが大切です。
いくら運用歴が長いドメインであっても被リンクの質が高くなければ、ドメインパワーは低くなり大きな効果も得られません。
過去にペナルティを受けたことがあるドメインで運用すると、いくら被リンクやドメインパワーが高くても検索結果の圏外まで落とされてしまい、再度上昇するのが困難になるためドメインを選定する際は十分に注意しましょう。
中古ドメインを選ぶ際に有名なブランドに似たドメイン名や、文字列に法則性のないランダムな文字列のドメイン名を避けるだけで、ペナルティを受けた経歴のあるドメインを掴むリスクは大幅に減少します。

中古ドメイン

▲▲▲中古ドメインはアクセス中古ドメインで探そう▲▲▲