Search-Engine-Optimization

Search検索順位を上げるには、Webサイトへの評価を下す検索エンジンの傾向を分析して対策を講じること、すなわちGoogle検索アルゴリズムを理解してGoogle側から高評価を得ることが肝要です。
それにはまず、Googleが掲げるYMYLをはじめとした品質ガイドラインを十二分に把握しておかなければなりません。
オリジナリティと信頼度の高い情報を提供し(E-A-T)、ユーザーの将来の生活や健康・安定を保証するページ(YMYL)をGoogleは求めており、それらを満たすことが最大のSEO対策となるからです。

SEO対策は主に、内部対策と外部対策の2つに分かれます。
キーワードからの流入をコントロールするコンテンツSEOをはじめ、検索エンジンがクロール(巡回)しやすいように内部構造を工夫したり、ユーザーが快適に閲覧できるようユーザビリティを高めるなどGoogleがサイトに望む条件に最適化するのが内部対策です。
一方外部対策は質の高いサイトからの被リンクを得るという性質上、コンテンツを強化して影響力を高めるかSNSアカウントを育てて露出を増やすといった地道な方策しかありません。
そのためSEO対策は必然的に、内部対策にまつわる施策が多くなります。

Googleアルゴリズムは、検索を通じて問題を解決しようとする人々、つまりユーザーの利便性「ユーザビリティ」を重要視しています。
キーワードや共起語から導かれる解答を予測し、ユーザーの悩みや疑問を解消するコンテンツを作成するコンテンツSEOは効果的な施策の1つです。
もちろん作成するコンテンツはオリジナリティが高く、専門性がありユーザーにとって有益な情報でなくてはなりません。
加えて検索結果からの流入確率を上げる、descriptionやタイトルタグといった技術も有効です。

サイト内の構造の最適化に関しても、Googleからの評価を高めてページランクをアップさせる上では欠かせません。
グローバルナビゲーションやパンくずリストなどを用いて、重要なページへのアクセスや階層を把握しやすくすることは、ユーザビリティだけでなくクローラーにとっても快適となります。
モバイル環境へのマッチングも重要で、2018年に適応されたMFIやモバイル端末とPC環境で異なるdescriptionの文字数についても対応しておくべきでしょう。

検索順位が思うように上昇しない場合は、MFIの他にページランクを左右するURL正規化もチェックしてください。
「index.html」の有無などで複数URLが存在している場合は、オリジナルURLに対して301リダイレクトで転送する正規化を行うことで改善されます。
またSEOだけでなく、グローバルナビゲーションは直接的な売り上げにも繋がる施策であるため、優先的に行いましょう。